So-net無料ブログ作成
技術関係 ブログトップ

GIMX作成 [技術関係]

PS4のGT-SPORTを買ったのですが、愛用のハンドルが標準では接続できないので、GIMXという変換機を作ってみました。
20171123_GIMX.jpg
色々苦労しましたが、出来てしまえば簡単なものでした。
まず、Arduino Leonardo開発ボードを秋月電商で買いましたが、ファーム書き換えにコツがあり大変でした、結局つかわなかった。Arduino Pro Micro互換の安いもので十分でした。安い海外通販では400円くらいであるようです。私はAitendoで700円で買いました。それと、USBシリアル変換も普通のシリアル変換ではなくブリッジチップCP2102を使ったUSB-TTL変換モジュールが良いようでした。Aitendoで390円で調達しました。
Windows側のソフトでも苦労があり、説明などがあるGIMX6.2を使ったのですが、G27が認識しないでドライバーを何回も入れ替えたりUSBポートを変たり試行錯誤したがだめで、結局最新のGIMX6.11であっさりつながりました。まだ来てない通販で注文してある部品たちが無駄になっちゃいました。
いまは、いい感じで動いています。
さて、GT-SPORTにハマりますか。(笑い)


nice!(0)  コメント(0) 

ハンドスピナーを加速回転させる装置(スピナーリボルバー)作成その後 [技術関係]

前回までの設計では加速しないので、パワーボールのやり方で作ってみました。
DSC_0098.JPG
軸(ベアリング)をみぞですり合わせ回転させるようにしたのですが、抵抗が大きくまだ回転にいたっていないです。
まだまだ、改良が必要ですね。
写真の大きな「冬瓜」は知り合いからいただいた作物です。美味しかったです。

nice!(0)  コメント(0) 

ハンドスピナーを加速回転させる装置作成 [技術関係]

最近はやりのハンドスピナーを使って面白いおもちゃが作れないか試作しました。
パワーボール(リストボール)みたいにミソすり運動(歳差運動)させれば、
中にセットしたハンドスピナーが加速しないかと思い、試行錯誤しました。
image_20170907.jpg
DSC_0051.JPG
DSC_0052.JPG
砲金(真鍮の一種)でリングを作り内側にベアリングが走る溝を旋盤で知り合いの自宅工場で作ってもらいました。
重さが足りないかと思いハンドスピナーを砲金でサンドイッチしました。
気持ちよくスピナーが周り溝すり回転します。
腕が棒になるくらい回し方を変えてやりました。
が、スピナーの加速はしないですね。

判明しました。
簡単に言うと、パワーボールは歳差運動による溝すり回転を回転軸に伝えて加速させているようです。
ですので、ハンドスピナーと切り離されている状態では加速しませんね。

さて、せっかく作ったので何か方法を考えてみるかな。

nice!(1)  コメント(0) 

下町の技術屋さん [技術関係]

オーディオケースの穴あけ後の加工で良いヤスリが欲しかったので、
近くに「萩原特殊手切ヤスリ製作所」という町工場を発見し行ってきました。
DSC_0956.JPG
昔の町工場ですね。
DSC_0962.JPG
アルミの穴の加工用に使えそうなヤスリを探してくれました。
DSC_0960.JPG
本業は医療器具などの精密な器具のメンテ用のヤスリ作成のようです。
最近は需要が少なくなったようで、職人もこのおじさんと浅草に一人いるだけのようです。
伝統技術がなくならないように願いたいです。
DSC_0965.JPG
安い値段で譲ってもらったヤスリです。大事に使います。
写真に写っているコンデンサーは秋葉で探してきたウーハー用のです。
取り換えて音をチェックしたいと思っています。
技術関係 ブログトップ